2つの展示企画を開催中@雲つなもりおかプロジェクト


盛岡のまちへの愛着や誇りが育つことを目指す取組「『雲を紡ぐ』でつがろうプロジェクト」の企画をご紹介します。

盛岡が舞台の小説「雲を紡ぐ」をテーマに、その魅力と鉈屋町界隈などの盛岡のまちの魅力発信を通じて、まちを知り、まちを楽しみ、まちとつながるプロジェクトです。

小説をテーマにして、盛岡の魅力を多角的に切り取り、まちの魅力を一緒に発見&発信しよう!ということで、複数企画を同時進行中です。


「雲つなもりおかプロジェクト」の拠点となっている盛岡町家「大慈清水御休み処」のギャラリーで2つの展示企画を開催しています。

----------------------------------------------------


★「もりおかを描く さいとうゆきこ風景画展」

 盛岡を拠点に活躍するイラストレーターのさいとうゆきこさんがこれまで描かれてきた盛岡の日常の風景画の中から、「雲を紡ぐ」に登場するスポットや、盛岡市鉈屋町界隈のスポットを中心にセレクトした約20作品を町家ギャラリーに展示しています。


 




小説に登場する鉈屋町界隈の清水「大慈清水」や、盛岡の中心部を流れる中津川沿いの喫茶店「ふかくさ」の風景画も展示しています。

いつも触れている盛岡の日常の風景が特別な場所に見えてきます。

小説を読まれ方は、スポットの答え合わせをするのも楽しいかもしれません。


----------------------------------------------------


★「雲を紡ぐ ブックカバーデザイン展 by 盛岡情報ビジネス&デザイン専門学校」

 デザインを学ぶ10-20代の学生の皆さんが作る唯一無二のブックカバー作品を展示しています。 「雲を紡ぐ」を読み、一人一人の解釈をブックカバーデザインに落とし込まれた作品約40点を展示しています。



盛岡町家の吹抜け空間がある間“常居(じょい)”に彩りが散りばめられています。

歴史を重ねた町家の重厚感と、若い感性が生み出す軽やかな彩りとが引立て合いながら創り出される空間も魅力的です。


2つの展示会は「雲を紡ぐ」でつながろうプロジェクト期間中ご覧いただくことができます。ぜひご来場ください。


会 期:2022年11月29日(火)まで

場 所:「大慈清水御休み処」 岩手県盛岡市鉈屋町3-15

営業時間:10時-16時(水曜休館)


「雲を紡ぐ」でつながろうプロジェクト 特設ウェブページ

プロジェクト拠点/盛岡町家「大慈清水御休み処」